2020年以降の最もホットなインテリアデザインのトレンド

過去10年間のインテリアデザインは、多くの紛れもないトレンドによって形作られてきました。スカンジナビアのミニマリズムと真っ白なキッチンを覚えていますか?モロッコ風のエリアラグ、ミレニアルピンク、そして不朽のように見える現代の農家の美学はどうですか?そのフィドルリーフイチジクの植物はまだ繁栄していますか?(それがより良い日に見られた場合、判断はありません。)その「Live、Laugh、Love」というワードアートサインがまだあなたの玄関に掛かっていますか?

これらのさまざまな装飾のトレンドにはすべて共通するものがあります。ある時点では、すべてがファッションのまさに高さのように感じられました。しかし、今は少し古くなっているように見えるかもしれません。

新しい年、そして新しい10年に足を踏み入れると、2020年に向けて次の計画を立て、計画を立てる機会が与えられます。そして、家のデザインとなると、装飾、色、仕上げを高く評価することになります要求する。2010年代のトレンドの一部は次の10年に引き継がれ、一部はほこりの中に残されます(ピースアウト、オープンシェルフ!)。

以下に、私たちの設計専門家が、2020年に「入る」と予想されること、およびこれらの外観を使用して自分の家をリフレッシュする方法の詳細を説明します。

1.ユーロスタイルのキャビネット

ユーロスタイルのキャビネットがどんどん出現することを期待しています。これらのフレームレスで洗練された不思議は、オープンな棚付けを現代の設計史のゴミ箱に委ねることができます。

「これは非常にクリーンで合理化された外観です」と言います。「キャビネットには最小限のハードウェアがあり、仕上げは木材または無地になります。」

オレゴン州ポートランドにの主任デザイナーは次のように述べています。

しかし、このスタイルがモダンなインテリアデザインでのみ機能すると考える場合は、もう一度考えてみてください。ユーロスタイルのキャビネットは、自由奔放に生きる人々(上記を参照)から伝統的なキッチンまで、さまざまな美学に適合します。

2.黒が帰ってきた

これは振り子が真っ白なインテリアから離れていると言う人もいるかもしれませんが、多くの専門家は、2020年には黒い家具がこれまでになく大きくなると予測しています。

ニューヨークのオーナー兼リードインテリアデザイナーは、アクセントの壁、ソファー、キャビネットなどの大きなデザイン要素には黒が見えると語っています。

「そして、もしあなたの暗いドアを素晴らしいハードウェアと組み合わせれば、あなたは本当にあなたの家にいくつかのキャラクターを加えるでしょう」と彼は言います。

グレイプレイズドは同意し、黒のキャビネットは白の新しい代替品であると述べています。

「キッチンで黒いキャビネットが多すぎる場合、下の部分は黒で、上の部分は木材で行うことを検討してください」と彼女は推奨します。

ドアに黒い浴槽と大胆で暗い色の上昇が見られると予想しています。

3.キッチンのクォーツ

このタフなミネラルは、2020年にロックスターになり、キッチン、バスルーム、さらにはランドリールームにも現れます。多くの設計者は、耐久性とリーズナブルな価格のために、それをカウンタートップのありふれたものと考えています。

「大理石とは異なり、無孔性で汚れに強い」と言う。

4.小さくて大胆なスペース

しばらくの間、オープンコンセプトの部屋がすべての家のデザインを引き継いでいるように見えました。しかし、今後数年間で状況が少し変化する可能性があることを示す兆候があります。

シカゴのインテリアデザイナー、エイミーカーザイザー氏は、次のように述べています。

これらの小さな部屋は、色と仕上げで大胆に過ごすのに最適なスペースです。

「小さなバスルームやパウダールームも、ドラマティックな壁紙、珍しいシンク、独創的な照明を使用することで、声明を発表します」と付け加えます。

5.バールウッド

外観はレトロですが、モダンな視覚的魅力に満ちており、バールウッドの家具やアクセサリーは非常に近い将来に熱くなるはずです。
大阪堺市の会社は、次のように述べています。

上のようなステートメントピースで装飾スキームを刷新します。

6.真ちゅう

それには2つの方法はありません。真鍮はここにあります。しかし、これはあなたの祖母の家で見たかもしれない細かいことではありません。

「真鍮は私たちが90年代から知っていた真鍮ではありません」とグレイプレイズドは言う。「それはよりマットです。」

真鍮をあなたの装飾に組み込む最良の方法は、真鍮を他の金属と組み合わせることです。

「金属を混ぜることは、真ちゅうが数年後に古くなったと感じないことを保証するための素晴らしい方法です」と言います。あなたが言われたかもしれないこととは反対に、暖かい真鍮のトーンとそのより涼しいいとこ(シルバー、クロム)を組み合わせることは間違いなく許可されています。

7.台所の二重の島

堺市で将来キッチンの改修があり、料理と娯楽が大好きな場合は、次のような建物の傾向を考えてみてください。「二重の島」。

「二重の島は、食事の準備と料理を分けるのに役立ちます」2つ目の小さな島は、パーティの際のウェットバーとして、または花瓶を配置するためのフラワーステーションとしても使用できます。

8.オリジナルデザインの注文住宅

大阪の堺市にある注文住宅の会社であるイロタスでは、個性や特徴をデザインしつつ、生活の動線や普段使いに支障がないという調和を大事にされてあります。

住宅のデザインというのは凝れば良いというものでは無いという面もあると思います。飾り付けておくものとしてであれば、奇抜でかつ、かっこいいデザインにする事が重要視されるとは思いますが、お客様がそこに十数年住んでいく、または住んでいく過程で家族構成が変わったりライフスタイルが変わるという事はよくあります。であれば、デザイナーはそういった生活の事も考えてデザインすべきという所もあると思います。

あとは、そのデザイン面と、生活動線との割合や調整といった所をどれくらいデザイン面を重視するのか?といった事が求められるのかもしれません。

どちらにせよ、お客様が求められる物を基準として堺市の注文住宅という立場での経験や技術、知識をお客様にお伝えして、最適な住宅をご提供すべきかといった所を叶えてくれる会社堺市 注文住宅のイロタス建築工房株式会社さんです。